⑦タオルの副資材を決める

オリジナルタオルを作る時は、タオル本体に気を取られて忘れがちなのが副資材です。タオルにはどんな副資材を使用するかご紹介します。

①タオル本体に縫製するもの(タグ)②タオルに後から付けるもの(下げ札、ヘッダー)③タオルと同封されるもの(取説等)④タオルを包装するもの(OPP袋・化粧箱等)⑤タオルを輸送する為に入れる段ボール(外表記・大きさ・形等)などがないと正確なお見積が出ません。

工場は①のタグを最優先で決定を急ぎます。タグはタオルに縫製されますのでタオルの一部分なんです。これが決まらないとタオルが完成しませんので本体の決定と同時にタグだけは決定しなければなりません。これを怠ると納期が間に合わなくなることがありますので特に要注意です。

デパートやお店で販売されているタオルは本体のまま並んでいます。それはお客様は、購入するときに必ず肌触りを確認するためです。この場合は、見た目だけではわからないこだわりや素材の説明を下げ札やヘッダーに印刷してお客様にアピールします。これが②に該当します。

タオルはデリケートなため、取り扱いにはいろいろ気をつけなければならず、ほとんどの商品に「取り扱い説明書」がつきます。お洗濯時や濡れたまま放置しないでくださいなど注意書きが付きます。この注意書きは、シールであったり、紙に印刷されたものであったりします。これが③に該当します。取り扱い説明は、単独で作られる場合と①タグや②の下げ札やヘッダーの中に印刷されることもあります。

ギフトとして贈られるタオルは、見栄えの良い化粧箱に入れられことが多くあります。贈り主や贈呈された方の満足を促すためです。ブランドのタオルギフトが全盛期はブランドの化粧箱にタオルが入っていましたが、最近はめっきり減った気がします。その代わりに産地を前面に出した「今治タオル」「泉州タオル」などが主流になっています。お客様視点で何をアピールすることで満足を得ることが出来るか。その時代にあったパッケージが要求されます。贈り物の中で販売促進(広告)の為に使われるタオルもあります。これも贈り物ではありますが、あまりパッケージにコストをかけることが出来ない時は、OPP袋に入れて使用されることが多いです。これが④です。

タオルは梱包され、工場よりお客様のところへ輸送されます。中国など海外で作ることが多くなったタオルは、海上コンテナにのって日本へ輸送されます。工場を出荷したままの形でお客様にお届け出来るように最終梱包方法は重要です。海はいつも平穏ではなく波が高いこともあり、輸送中は商品に負荷がかかります。化粧箱がこすれあって印刷に傷がついたりすることもありますので、最後の梱包方法まで気を抜かずにしっかり指示をすることをお勧めします。これが⑤に該当します。

細かい事ですが、副資材の指示が遅れて納期が遅れることは多々ありますので要注意です。面倒くさいものから先に確認して指示する習慣が工場に喜ばれます。