タオルの品質管理について

工場の品質検査(検品)は、お客様と工場の間に交わされた「品質基準書」に従って検査され合格品のみを出荷します。商品の「仕様書」だけでなく、「品質管理基準」を設けてどのように管理していくかを生産前に取り決めをする事が大事です。

タオルは天然繊維を材料としているので、温湿度等の変化等や生産ロット毎に多少のばらつきが出ます。ばらつきの範囲は「品質管理基準」によりその許容差が設定され、超えたものは容赦なくB品として処理されます。

タオルの品質管理試験項目
タオルのクレーム集

過去のクレームを反省してその根本要因をつぶす行動こそ品質管理だと思います。

お客様独自の品質基準

基本の基準書より厳しく基準を設定されるお客様もあります。

工場選定が重要なカギとなります。

タオルの品質管理3つの覚えておくポイント

この3つは覚えておきましょう。