染料と顔料プリントの比較

染料と顔料の違いは、使うインクが全く違うというのはご存じだと思いますが、 染料は綿糸の中まで染まりますが、顔料は綿糸の中まで染まりません。

染料プリントは発色が良く、肌さわりも柔らかく、吸水性が良いのが特徴です。

顔料プリントはコストが安く、短納期で生産が出来ること、細かい柄や線が表現しやすいのが特徴です。

染料は、タオル地にプリントしたあと高温蒸気で蒸され、反応染料の反応基と綿のセルローズにあるOH基(水酸基)を反応させることにより繊維に染着されます。後処理でソーピングと水洗いし乾燥して仕上がります。きちんと後処理された染料プリント商品は後染した商品(カラータオル)同等の柔らかさを持ち、良く水を吸って良く乾きます。

顔料は水にも溶けない顔料(ピグメント)に、接着剤の役割を持つ合成樹脂材(バインダー)を混ぜて、生地の表面にプリントし、加熱して固着させます。プリントしたあと、高熱で数分間加熱するベーキング処理をすると樹脂が固まり、顔料とともに繊維に付着して洗濯しても落ちにくくなります。最近はソフト顔料と呼ばれる良いものが主流になっていますが、吸水性や肌さわりの柔らかさは染料プリントよりやや劣ります。後処理工程が無いのでその分コストは安く仕上がります。

品質的(堅牢度)には染料の方が良く、染料をお勧めしたいところですが、価格、納期やデザインを考慮して顔料プリントも多く使用されています。

お客様のご判断で使い分けされてます。