是非お勧めしたいSDGsタオル10選

SDGsとは、持続可能な世界を実現する為の世界共通の言語だと要約しました。

SDGs(Sustainable Development Goals)は、2015年9月国連サミットで作成された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な開発目標であり「17のゴール」「169のターゲット」から構成され、「地球上の誰一人取り残さない」(leave no one behind)などを謳っています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sdgs_-poster_ja_2021-1024x768.png

貧困、紛争、感染症、気候変動、資源の枯渇・・・・・

人類は、これまでになかったような数多くの課題に直面しています。このままでは、人類が安定してこの世界で暮らし続けることができなくなってしまうと言われています。そんな危機感から、世界中の様々な立場の人が話し合い、課題を整理し、解決方法を考え、2030年までに達成すべき具体的な目標をたてました。それが、「持続可能な開発目標(SDGs)」なんです。

国際機関、政府、企業、学術機関、市民社会、子供も含めたすべての人が、それぞれの立場から目標達成の為に行動することが求められています。「誰ひとり取り残さず」にです。

SDGsは「持続可能な世界」を実現させるための、いわば「ナビ」のようなものです。果たして人類は今、そのナビが示す方向に進めているのであろうか?そして私たちも、タオル作りにおいても目標達成にむけて一歩踏み出す時だと思います。

タオル作りとSDGsのキーワードを抽出してみた

SDGsを難しく考えないで、タオル作りに照らし合わせて、まずは第一歩を踏み出してみたいと思います。

タオル作りで、SDGsに貢献するのキーワードを抽出してみたいと思います。

(順不同)

・不平等をなくそう! 男女平等を達成しよう!

・貧困・飢餓を終わらせ、児童労働・暴力・差別をなくそう!

・健康的な生活を確保して、福祉を推進しよう!

・地球環境を守ろう!

・CO2を削減しよう!

・安全な水が利用できるように管理しよう!

・持続可能な近代的エネルギーを利用出来るようにしよう!

・生産的で働き甲斐のある人間らしい仕事に就くことができるようにしよう!

・気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じよう!

・持続可能な開発のために海洋資源を保全し、持続可能な形で利用しよう!

・砂漠化と土地の劣化に対処し、持続可能な利用を推進しよう!

まだまだありますが、このような項目から考えた「是非ともお勧めしたいSDGsタオル10選」をご紹介します。

是非ともお勧めしたいSDGsタオル10選

① オーガニックコットンタオル

② サスティナブルコットンタオル

③ 無漂白・蛍光増白剤を使わない環境に配慮したエコタオル

④ エコッテクス認証された、安心安全なタオル

⑤ リサイクルPETを使用したタオル

⑥ 速乾タオル

⑦ 残糸を使ったタオル

⑧ 工場に残ってしまっている規格外商品を再生産したタオル

⑨ 環境に配慮した副資材を使ったタオル

⑩ 持続可能な方法で生産している工場で作ったタオル 

初めの一歩と問題点

タオルは基本的に素材は綿花を使用します。綿花の生産だけでも2億5000万人以上の人の生活を支えています。綿花は、困難な環境で育つために最貧国のいくつかで生産されています。

しかし綿花の未来は、不平等取引、気候変動、ジェンダーの不平等、労働力不足、水不足、害虫などの課題に対して脆弱です。持続可能な綿花作りの第一歩は、綿花作りの農家の生活を向上させることかも知れません。

とは言え、環境に優しいオーガニックコットンは世界で生産される綿花の「1~2%程度」に過ぎないと言われており、価格や管理の問題で、すべての綿花畑をオーガニックコットン畑に変えるのは簡単ではなさそうです。

そこで注目されているのは、サステナブルコットンの使用です。

コットンは、オーガニックではありませんが、環境・社会・経済を持続可能な綿花生産を第3社機関によって管理され、認証された農地で作った綿花を購入します。

このような綿花を使用することが増えてきており、「BCIコットン」と呼ばれる非営利団体が手がける綿花の量は、世界生産の22%になっているようです。

サステナブルコットンの定義は明確になっているわけではりませんが、このような持続可能な農家から購入する綿花を使うだけでも、SDGsタオルと言えるのではないでしょうか?

最初の一歩を踏み出してみませんか!